試食を手渡す女性部員

新米まつりで新商品うどん「想里(ふるさと)」をPR

 本JAは10月15日、大崎市のJR古川駅前で開かれた「新米まつり」(同市古川地域農業振興協議会主催)で、「ササニシキ」の米粉を使ったうどんの新商品「想里(ふるさと)」の試食と販売を行いました。
 この日は、「想里」と本JA女性部員手作りの「ささ結」の新米おにぎりを、1000食ずつ振舞いました。試食開始前には、地域住民が長蛇の列を作り、女性部員が来場者一人ひとりに試食品を手渡しました。
 開会セレモニーでは、本JAの佐々木稔組合長が「今年は、うどんの新商品として『想里』を開発した。多くの方に『ささ結』と『想里』を食べて、買っていただき、今日を機に全国に広げていきたい」と挨拶しました。

 会場では、「ささ結」を使った限定100食の握り寿司や、本JA管内産の大豆「きぬさやか」を使った「ひとつ上の豆乳」の試飲会も行いました。