ネギの栽培ポイントを説明する天野さん

良品質ネギ出荷に向け栽培講習会

本JAねぎ部会は1月11日、「平成30年産夏・秋冬ネギ栽培講習会」を本店で開き、昨年の台風や長雨の影響について触れながら、今月から始まる播種作業から収穫までの栽培ポイントを確認しました。
 講師を務めたタキイ種苗株式会社の天野亮治さんは「圃場の排水対策をしっかりすること。苗は圃場へ定植後、活着しやすいよう軟弱徒長させないように」と指導しました。
 生産者は「昨年は天候不順に悩まされた年だった。今年はそれぞれの圃場の状態に合わせた栽培をすることと、気候に適した防除を徹底して行いたい」と話しました。
 本JAの園芸担当職員は「今年も基本に忠実な栽培と病害虫の予防を徹底して行うようサポートしていきたい」と話していました。