カードゲームを楽しむ参加者とにじの会会員(左から2番目)

ミニデイに年間465人が参加

本JAは、女性部、助け合い組織にじの会の協力を得て管内の地区公民館や集会所などでミニデイサービス「ひなたぼっこ」を開いています。平成29年度は、23回実施し、延べ465人の地域高齢者が参加しました。
2月21日、大崎市古川の志田地区公民館で今年度最後のミニデイサービスを開きました。参加者はにじの会会員2人を講師に歌や手遊び、手作りの50音カードを使ったゲームを楽しみました。昼食は、女性部の手作り弁当が振舞われました。
 参加者は「ゲームもお弁当もとても良かった。今後も続けてほしい」と話していました。

 本JAでは、福祉活動の一環として同サービスやJA古川型福祉活動「わいわい茶論(さろん)」などを実施し、地域高齢者が集う場づくりにより健寿命の伸長を目指しています。